腎臓の機能が低下して正常に働かなくなった状態を腎不全といいます。
腎不全には急性腎不全と慢性腎不全とに分かれます。
急性腎不全は多量の出血や薬剤などが原因となって急激に腎臓の機能が低下した状態のことで、適切な治療を受ければ、かなりの部分の回復が見込めます。
これに対して慢性腎不全では、何らかの原因により腎臓の機能が徐々に低下していき、体内の正常な環境を維持できない状態をいいます。
慢性腎不全を治す有効な治療法は今のところなく、透析療法や腎移植が必要になります。

腎臓の機能が低下してくると、腎臓は老廃物や水分を十分に排泄できなくなり、体の中に不必要な物質や有害な物質が蓄積してしまいます。血液透析とは人工腎臓と呼ばれる透析器(ダイアライザー)に一定量の血液を送り、血液中にある老廃物や余分な水分を除去し、血液をきれいにして体内に戻す治療法です。
通常、病院やクリニックなど透析施設で行い、治療の回数としては週2~3回で、1回4~5時間かけて治療を行います。
わが国では透析患者さんのほとんどがこの治療を行っています。

OUスタッフ

OUスタッフ